「夢をかなえる勉強法」伊藤 真(著)

2006年10月21日

「夢をかなえる勉強法」伊藤 真(著)



夢をかなえる勉強法 伊藤 真
「夢をかなえる勉強法」伊藤 真(著)
【気になった点など】

★「合格体験記」を勉強を始める前に書く

◆著者である伊藤先生が、勉強法で一番ポイントを置いているのが、「ゴールからの発想」。

そのために、塾(司法試験合格のための)の授業開始初日で、イキナリ「合格体験記」を書かせるそうです。

しかもかなりリアルに(汗)。

これは「自分はもう合格しているのだ」というところからスタートすることにより、ポジティブなイメージトレーニングになり、かつ、スランプ対策になります。


★「全体像」を把握するために、まず目次をコピーする

◆各教科の全体像を把握するために、伊藤先生が勧めているのが、「本の目次をコピーする」こと。

「本を読みながら、ときどきコピーした目次を見て、自分が今どこを読んでいるのか、全体の中の位置づけを確認する」のだそうです。

これは、自分が今読んでいる内容が、全体の中でどういう意味を持つのかを確認する作業であり、それによって、書かれている内容を鳥瞰図(ちょうかんず)的かつ詳細に理解することができるから。


◆また「はじめに」と「おわりに」を先に読むやり方も全体像をつかむためにはオススメだとか。

これは、私もいつも(立ち読みでも)やってます(笑)。

ただ、たまに「おわりに」がほとんど「謝辞」になっている本もあって、この場合には「全体像をつかみようがない」んですが(汗)。

(続く)
posted by smooth at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。