「最強の記憶術」 アンドリュー・スミス・ルイス (著)

2005年05月06日

「最強の記憶術」 アンドリュー・スミス・ルイス (著)




最強の記憶術 Learn Faster, Remember Longer !

個人的評価:★×7+α(教材の効果)

【はじめに】

脳力開発オタクの私としては、避けては通れない(?)本です(笑)。

だって「最強」ですよ「最強」(笑)。


しかも著者開発学習ソフトのデモというおまけつき・・・。



【読書マインドマップ】

saikyou









【読後の感想など】

◆実はこの本や他の本、アマゾンのレビュー等を読んで、池谷裕二サンの本を買いました(笑)。

日本人で脳科学の最先端を走る学者さんがいるとは、誇らしい事です。


◆この本も、その池谷サンの説や各国の研究者の協力を得て、著者が到達した「記憶のしくみ」について書かれています。

まだ脳や記憶のしくみについては、確固たる結論が出ておらず、そういう意味では「もっともらしく言ったもの勝ち」なんですけど(汗)。


◆この本で力説されているのは

「学習の程度をモニタリングしながら、適度な間隔をあけて学習する」
ことの重要性。

1日にガーっとやっても、ムダが多いとのことです。
当然徹夜もダメです(笑)。


◆後半部分は、その「著者の説に基づいて著者自身が開発した」学習ソフトの説明です。

と言うか、「このソフトが何故よろしいのか」という説明のために、本の前半部分があると言えない事もなく・・・(汗)。


◆マインドマップ中の、「セレゴ・メソッド」とはその学習方法で、「MILA」というのが、実際に学習に使うツール(本来はポケットPC用)です。

このソフトの特徴はマップで言うところの「メタ記憶」を強化できる(?)ところ。


◆メタ記憶とは、簡単に言っちゃうと「記憶の管理」というか、「記憶しているか」の認知なんですが、書いている私もよくわかりませんでした(笑)。

実際まだ研究過程のようですし(逃げ腰)。


◆アマゾンの書評で叩かれて理由の一つが、「結局はこのソフトの宣伝じゃないか」という所なんですけど、確かにネットで買ったらそこまではわかりませんよね・・・。

私は本屋で立ち読みして、そのソフトまで期待して買いましたが(笑)。


◆まぁこれでサクサク英単語が覚えられたら、これはこれで、結構お得だと思います。

間違えた単語は当然として、回答までに時間がかかった単語も、執拗に(笑)質問されるんですよ。

「怪しい」と判定されたらしく・・・(汗)。


◆付属ソフトは英単語のみなので、英語をお勉強されたい方は、手にとってみても良いかもしれません。

posted by smooth at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | 記憶関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3471107

英単語
Excerpt: afraid:恐れて
Weblog: LITTLE英単語
Tracked: 2005-05-07 13:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。