記憶力を強くする 池谷裕二 (著) 「記憶力を強くする」 池谷裕二 (著)

2005年05月07日

記憶力を強くする 池谷裕二 (著) 「記憶力を強くする」 池谷裕二 (著)



iketani記憶力を強くする 池谷裕二 (著)

個人的評価:★×9

【はじめに】

◆イキナリ高評価してしまいましたが、それだけの本です。
ただし、そう評価する人は以下のどちらかに属する人だと思います。

・脳の仕組みを知りたい人
「何らかの必要があって記憶力を強くしたい」

さて、アナタは・・・?


【読書マインドマップ】

iketaniMM










【読後の感想その他もろもろ】

◆この本の他にも「記憶力」について書かれている本はたくさんありますが、実はこの本を参考にしているケースが結構あります。

何たって「東大で脳の研究をされている方の記憶力の本」ですから!!!


◆ネタ本としてもかなり優秀で、この1冊だけで、記憶に関するコラムが15回分位書けそうです(笑)。

というか、ブログランキングに入っているブログのいくつか、さらに私が購読しているメルマガの一つは、モロこの本をネタにしてます(明記している人もいますが)。


◆もちろん、テクオンリーというのではなく、「新書らしく」(?)脳と記憶の仕組みについても、詳しく述べられています。

ただし、著者が、「難しい話をわかり易い次元まで上手く落とし込む能力に優れている」ので、素人でも理解できます(自己申告)。


◆また、肝心の(?)方法論については、「科学的な根拠に基づいている」ため、「なるほどー」とうならされる事が多かったです。

「何故徹夜をしてはいけないのか」
「年齢によって覚え方は違う」
「復習の重要性」


などなど・・・。


◆ただし、ここでは今流行りの「右脳型」と「左脳型」のような、「科学的な根拠に乏しい(?)」話はいっさいありませんでした。

個人的には「科学的に効果がある方法」も大事なんですが、「非科学的でも効果がある方法」が知りたいところです。

少なくとも「科学的で効果が無い方法」よりはマシですから(笑)。
posted by smooth at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。